主よ、人の望みの喜びよ

★ 神殿・ハイエロファントの寝室

 小振りな窓が高いところにあり、陽が差し込み、光の直線を描いている室内。
 ベッドの縁に、座っているハイエロファント。
 穏やかで柔らかい微笑みを、自分の膝を枕にしているデスの横顔に向け、ただ、じっと眼差しを注ぐ。
 デスの両目は閉じられ、安らかな息を立てている。
 猫のように身体を丸め、白いシーツにローブの裾を広げ、何もかも許しているような雰囲気。
 ハイエロファント、僅かに紅を帯びるデスの頬に、そっ、と左手を当ててみる。
 確かな温もりが、指先に伝わってくる。
 ゆっくりと目線をデスの足元まで移し、またゆっくりと戻していく。
 ブーツから腰の辺りにかけてに見える脚、露わになっている腹部の細やかな肌が眩しく映る。

ハイエロファント《(蕩けそうな感覚で)綺麗だ・・・》

 鼓動が高鳴り始めるハイエロファント。
 改めて彼女の横顔に視線を固定し、見詰め続ける。

ハイエロファント《このまま・・・見ていたい・・・》
 
 その直後。
 もぞ、と身体を動かすデス。ハイエロファントの身体に向けて、寝返りを打つ。
 仰向けになった格好。

デス「ん・・・」

 デスは、瞼を半開きにして、甘えたような声を出す。
 瞳の奥に瞬時に投影される、ハイエロファントの顔。

ハイエロファント「(柔らかく微笑み)目が覚めた?」

 沈黙。
 沈黙。
 沈黙。
 突然、くわっ、と目を丸く見開き、声を上げようとするデス。
 すぐ上のハイエロファントの眼差しと、絡まる自分の視線。
 途端、ボワッ!と、デスの全身の肌が真っ赤に火照る。
 何か言おうとするが、あわあわ、と口を開け閉めするだけで、硬直している。
 
ハイエロファント「(優しい声で)気分は、どう?」

 びょん!とバネ仕掛けのように、上半身を起こすデス。
 彼女の後頭部に、目線を移すハイエロファント。
 デス、赤面のまま、振り向けずに少し俯く。

デス「(掠れた声で)だ、だ、大丈夫だ!」

 ハイエロファント、安心した笑顔をデスの背中に向ける。
 両目を閉じ、覚られないように奥歯を噛むデス。

デス《・・・やっちまった! 何たる醜態!・・・》

 暫くの、間。
 段々と赤みが沈静化していき、落ち着いてくるデス。
 ふううう、と、とても長い溜め息を吐く。
 それから、緩慢な動作でベッドの縁に腰掛け直し、ハイエロファントと並んで座る。
 拳三つ分くらいの距離。
 ちら、と彼を横目で見て、ずっとこちらを見詰めている眼差しと合う。
 ドキッ、と跳ねる、デスの心臓。
 慌てたように、自分の足元、寝室の床に目線を投げる。

デス「(恥ずかしそうな声で)・・・みっともないとこを、見せちまったな」
ハイエロファント「(首を振り)ううん、そんなことないよ。気にしないで」
デス「・・・どれくらい、寝てた?」
ハイエロファント「そうだね・・・二時間くらい、かな」
デス「(驚いて、ハイエロファントを見て)そんなにか!」
ハイエロファント「(笑顔で)でも、あっという間だったよ」

 はあああ、と溜め息を吐き、項垂れて右手で顔を半分覆うデス。
 
デス「・・・醜態にも程がある・・・すまなかった。いきなりジャスティスが、その・・・(口籠って)よ、予想だにして
   なかったことを言って、つまり、あれだ、まあ・・・(呟くように)迷惑掛けたな・・・」
ハイエロファント「迷惑だなんて、思う訳ないよ。本音を言うと・・・(頬を染め)君をこれだけ間近に見られて、
          ちょっと嬉しかったかな」

 途端、顔を上げて、目を丸くして、思わず見詰め返すデス。再び朱に染まる。
 絡み合う、ふたりの眼差し。
 デス、ハイエロファントの瞳から、実直な雰囲気を感じる。
 自然な流れで、すぅ、と落ち着いて、普段の表情となるデス。

デス「(感心したように)・・・ハイエロファント、お前・・・結構、言うなぁ」
ハイエロファント「そう見えないと思うけど、ね。(ふう、と息を継ぎ)僕って、やっぱり、そういう台詞、言わないよ
          うに見える?」
デス「(少し考えて)・・・まあ・・・確かに。静かだとか、大人しいとか、そんな話は耳にしたことがある。あたしも
   最初、そう思ってた」
ハイエロファント「だろうね」

 それから、視線を外し、自分の前方の床を見るハイエロファント。

ハイエロファント「でもね・・・(重めの声質で)僕にも、欲はあるよ」

 思わず、何かを問いた気な目線を彼の横顔に向けるデス。

ハイエロファント「僕は聖人でもなければ、神様でもない。法王という聖職者の役目にはいるけど、決して威厳
          がある訳でもない。ましてや、無欲でいられるほど立派でもないよ」
デス「(少し微笑み)あたしから見れば、充分な高みにいる。それこそ、手の届くことはない、と思ってた」
ハイエロファント「でも、こうして君の隣にいるよ」

 再度、デスを両眼に映すハイエロファント。

デス「だから・・・今も少し、信じられない。夢かと思うこともある」

 潤いの光を帯びる、デスの瞳。
 再び見詰め合う、ふたり。
 暫くの、間。
 ハイエロファント、自分の左手の甲を上にして、すっ、とデスに向ける。
 途端、右手で、翳した左の甲を、ぎゅうぅっ!とつねる。

ハイエロファント「痛っ!」

 あっけに取られた顔で、口を開いたまま、茫然とそれを見るデス。
 赤くなった手の甲を確認し、残る痛みに眉を寄せ、それでも笑みを浮かべるハイエロファント。 

ハイエロファント「ほら、ちゃんと痛みがあるよ。夢じゃない」
デス「(高めの声で)お前な! そういう時は言った奴の頬をつねるもんだろ!」
ハイエロファント「そうかな?」
デス「そうだ! あたしが夢かと言ったんだ! こうして、こう!

 ハイエロファントの右手を取り、迷わず自分の左頬に当てるデス。
 逆に、驚いたような表情になるハイエロファント。目を何度も瞬かせる。
 突然。
 ハッ!と現状を認識し、彼の掌の温もりを感じ取るデス。
 そのまま、動けなくなる。

デス「(僅かに震える声で)あたしの頬・・・を・・・」

 デス、自分の手を下ろす。
 しかし、ハイエロファントは右掌を彼女の頬に添えた状態。
 互いの瞳に視線を固定している、ふたり。
 沈黙。
 沈黙。
 一瞬、ハイエロファントの瞳が煌き、艶やかさを醸し出す。
 デスの眼差しが、呼応するように揺らぐ。
 途端。
 急に顔を寄せ、両目を閉じるハイエロファント。
 自分の唇を、デスの唇に、重ねる。
 大きく丸く見開かれた、デスの両目。
 停止。
 停止。
 ゆっくりと、惜しむように唇を離すハイエロファント。
 
ハイエロファント「・・・どう?・・・感覚、ある?」

 目を正円に近い程にして、見る見る頬を真っ赤に染めていくデス。
 何かを言おうとしているが、口を、パクパク、とさせ、凝固している。
 スッ、と彼女の頬に当てていた右掌を戻すハイエロファント。
 顔を少し伏せ、申し訳なさそうな表情。

ハイエロファント「ごめんね・・・ちょっと・・・抑えられなかった・・・」
デス「(ハッ、と我に返り)あ! そんな! いや! いいんだ! だから・・・(恥ずかしそうに)気に・・・する
   な・・・」

 膝を突き合わせるような体勢で、上半身を互いの方に向けて、ベッドに座っているふたり。
 頬をに薄い紅色を帯び、僅かに俯くデス。
 やや上目遣いにデスを見ているハイエロファント。
 暫くの、間。
 更に、間。
 デス、彼と同じような上目遣いで視線を送る。

デス「(言葉を選ぶように)・・・血の臭い、しなかったか?」
ハイエロファント「(顔を上げ)しなかったよ。何かの樹木か、何かの花のような香りは、したよ」
デス「自分では判らんな・・・」

 直後。
 すっ、と、両掌をデスの両肩に乗せるハイエロファント。
 ドキン!と大きく脈が打たれ、顔を上げて彼を見詰めるデス。 

ハイエロファント「もう一回、確かめて、いい?」

 真剣な表情で、彼女を見詰め返すハイエロファント。
 一度、鮮やかな輝きを放つ、デスの瞳。
 少しの、間。
 デス、両方の瞼を閉じ、口を結んで少し顎を上げる。
 緊張気味に腕を伸ばし、両手を膝の上で、ギュッ、と握る。
 それを確認して、両目を閉じながら顔を近付けていくハイエロファント。
 自然な動作で、再度重ねられる、ふたりの唇。
 停止。
 停止。
 停止。
 緩やかに、離れる互いの唇。
 かなりの至近距離で、眼差しを絡め合うデスとハイエロファント。

デス「(感慨深げに)・・・夢じゃないんだな」
ハイエロファント「(優しい声で)夢じゃないよ。だから、覚めないよ」

 座り直し、ゆっくりと、更に身体を寄せるハイエロファント。
 自分の右半身に、彼の体重が掛かってくるのを感じ取るデス。
 それから、慎重な動きで、ハイエロファントに半身を委ね、頭を彼の左肩に軽く乗せる。
 ハイエロファント、彼女に穏やかで暖かい微笑みを向ける。
 デス、目を閉じて、口元に柔らかな笑みを浮かべている。
 暫く、そのまま。

ハイエロファント「・・・君は、いつから僕のこと、思っててくれたの?」

 瞼を開き、ハイエロファントに視線を戻すデス。
 少しだけ考え、僅かに目線を外し、遥か彼方を見るような眼差しになる。

デス「最初の頃は、相容れない奴だと思ってた。多くの連中を救い、世の平和を願い、もたらす・・・あたしみた
   いな死神とは、真逆の存在だ、と・・・」

 一呼吸置き、再びハイエロファントを両眼に映すデス。

デス「(懐かしむように)お前を知って、どれくらい経った頃か・・・いつしか、あたしは自分の運命と向き合ってる
   つもりで、受け入れてるつもりで・・・実のところは、背を向けてた。逃げたくなってたんだ。自覚はなかった
   が、な。その頃だ、お前と初めて逢ったのは」

【回想シーン】

★ 森の外れ・草原のほとり

 曇天の空。冷たい風が吹いている。
 向き合って立っている、デスとハイエロファント。
 ハイエロファント、少し驚いたような表情を彼女に向ける。

ハイエロファント「君は・・・」
デス「へぇ・・・あたしのこと、知ってるのか?」

 大鎌を肩に掛けたまま、不敵な笑みを浮かべるデス。

ハイエロファント「デス、だね」
デス「(頷いて)ああ、その通り。あたしが死神だ。(据えるような目線を投げ)お前がハイエロファントか、法王
   の」
ハイエロファント「そうだよ。よく判ったね」

 デスは、ハイエロファントの目を真っ直ぐに見る。
 ハイエロファントは、デスの瞳に真っ直ぐに視線を注ぐ。
 無言。
 無言。
 風が、凪ぐ。
 ハイエロファント、唇を、ぐっ、と引き締める。
 目線は、揺るぎなくデスに固定したまま。
 対して、僅かだけ顔を伏せ、両目を閉じるデス。

デス「(フッ、と口角を上げ)・・・お前には、あたしを救う力なんて、ないからな」

 途端。
 右手を、バッ、と前方から真横に振り抜くハイエロファント。

ハイエロファント「(芯の通った、張りのある声で)そんなのやってみなくちゃ判らないよ!

 ハッ、と思わず顔を上げて、ハイエロファントを見詰めるデス。
 真摯で、真剣そのものの表情を全面に表すハイエロファント。
 デス、微かに唇を開き、意外そうな雰囲気を表に出す。

【回想シーン終了】


★ 神殿・ハイエロファントの寝室

ハイエロファント「あの時は、つい大声を出しちゃって・・・ごめんね、びっくりしたよね」
デス「(首を振り)いや、いいんだ。むしろ・・・あの一言が効いた感じがする」

 ふう、と深く息を継ぎ、ハイエロファントを見詰めるデス。

デス「しかし決定的だったのは・・・(染み込むような声で)“仕事”の後に逢った時、だ」


【回想シーン】

★ 街はずれ・森の入り口に近い橋のたもと

 満月の夜。雲ひとつない。蒼白い風景。
 欄干の端に寄り掛かっているデス。影が、長く伸びる。
 大鎌を右肩に立て、左手には大きめの布袋をぶら下げる。人の頭ほどの、何かが入っている様子。
 その袋と、大鎌と、彼女の右半身を染めている、大量の血。
 デス、ぼーっ、とした定まりのない視線を宙に泳がせている。

デス《(漠然とした様子で)・・・帰らなければ・・・》

 ゆら、と身体を立てようと動かすデス。
 突然。

ハイエロファント(やや離れたところから)「・・・デス?」

 ハッ、と声の方向を見るデス。
 橋の向こう側から近付いてくる、ランタンの橙色の灯り。
 満月の明かりの下、程なく目視出来る距離まで歩み寄ってくるハイエロファント。

ハイエロファント「(微笑んで)こんばんは。今夜はランタン要らないくらい明るいから、すぐ判ったよ。こんな夜更
          けに逢うなんて、奇遇だね」

 ランタンを左手に下げ、デスのすぐ目の前まで来るハイエロファント。
 バッ、と顔を斜め下に向け、目線を橋の石畳に投げるデス。
 唇を、ギュッ、と噛み、目を伏せる。

ハイエロファント「どうしたの?」

 尚も言葉を発しないデス。
 ハイエロファント、視線を上下させ、彼女の全身を瞳に映す。

ハイエロファント「あ、そうか。“仕事”帰りなんだね」

 平然とした口調に、思わず彼を見るデス。
 彼女の瞳をしっかりと見詰め返すハイエロファント。

ハイエロファント「(深く、優しい声で)大変だったね、お疲れ様

 両目を見開き、口を半開きにするデス。そのまま停止。
 沈黙。
 沈黙。
 沈黙。
 デスの左目から、すーっ、と一筋の涙。
 慌てて顔を伏せて、右腕で涙を拭う。
 止まらない、落涙。
 突然の出来事に、冷や汗を飛ばして右掌を向けるハイエロファント。

ハイエロファント「(焦って)だ、大丈夫!? ごめん、何か気に障ったかな!?」
デス「(頭を振り、涙声で)違う・・・違う・・・そうじゃない・・・(絞るような声で)いいから、行け・・・構うな・・・あた
   しに構うな・・・」

 ふっ、と静かに微笑み、手を戻すハイエロファント。
 そして、くるり、とデスに背を向けて、後ろ手に組んで立つ。

ハイエロファント「じゃあ・・・せめて君が落ち着くまで、ここにいさせて。気になるんだったら、僕は見ないように
          するから・・・(両瞼を閉じ)君をこのままひとりには出来ないよ。だから・・・落ち着いたら、声を
          掛けて、ね」

 ハイエロファントの背中を、見詰めるデス。微かに震えている。
 暫くの、間。
 くるっ、と踵を返し、ギュッ、と大鎌を右腕と肩で抱え込み、顔を真下に向けるデス。
 右手の甲を目に当て、込み上げる嗚咽に耐えている。それでも流れ続ける、涙。
 声を押し殺し、しゃくり上げているデス。
 目を閉じたまま顔を上げ、瞼越しに蒼白い光を感じているハイエロファント。
 背中合わせで、月光の中に浮かび上がる、ふたりの姿。

【回想シーン終了】


★ 神殿・ハイエロファントの寝室

デス「あの日のことを忘れたことはない・・・あの時、あたしの中で何かが弾けた。その日からだ、ハイエロファ      ント・・・お前があたしの中にいつもいるようになった、のは」
ハイエロファント「(微笑んで)そうだったんだ・・・」

 ふぅ、と小さな吐息をつくハイエロファント。
 少しの、間。
 ハイエロファント、一度僅かに頷く。

ハイエロファント「・・・僕の方も、話してもいい?」
デス「(間髪を入れず、嬉しそうに)聞かせてくれ!

 期待に満ち溢れた視線を、ハイエロファントに向けるデス。
 再び首を縦に振り、柔らかい表情になるハイエロファント。

ハイエロファント「君と初めて逢うずっと以前からいろんな話を聞いてたよ。蒼いローブを着てて、髑髏の面をし
          てて、大きな鎌を持っている、とか・・・ただ、声は女性だっていう話も聞いてた。そう知って、
          何となくだけど、髑髏はお面で、素顔は別にあるんじゃないかな、って思った」
デス「(フッ、と笑い)正解だったな。面は“仕事”の時にしか着けない」
ハイエロファント「素顔はこんなに綺麗で可愛いのに、ね

 途端。
 ぐうぅっ、と口を真一文字に結んで、頬を朱に染めるデス。
 暫くの、間。
 デス、ぷはぁぁぁ、と息を盛大に吐き、赤みの引かない顔を向ける。

デス「(照れた声色で)・・・いきなり言うな・・・言い過ぎだろ・・・」
ハイエロファント「言い過ぎじゃないけど、本音は言っちゃった、かな」

 再度、ぐぅ、と押し黙るデス。
 しかし今度はあまり間を置かず、しっかりと見詰め返す。

デス「(籠った声で)・・・続き・・・話してくれ」
ハイエロファント「あ、うん・・・(しっかりとした口調で)それで、勝手だったんだけど、どんな女性か想像してた
          よ。死神の役目に就いてるんだから、きっと落ち着いて重みのある雰囲気じゃないかな、って
          思ってた。今考えるに、君に初めて逢った時、名乗り合う前に判ったのは、予想していた通りの
          雰囲気だったからかな。むしろ、紅玉のような透き通った目とか、纏った神聖さとか、想像以上
          だったね」
デス「・・・だから褒め過ぎだ・・・あたしは今まで褒められたことなどないんだ・・・(拗ねたように、口を尖らせ)
   褒めても何も出ないぞ」
ハイエロファント「あ、声は思ったより僕好み、だったかな」

 一気に赤面化して、何かを言い返そうとするデス。
 息を飲んで停止し、凍て付いたように、それ以上何も出来ず。
 申し訳なさそうに一度だけ目を伏せ、すぐに彼女を見詰め直すハイエロファント。

ハイエロファント「結論を言えば、君の存在を・・・死神の存在を知った時には、もう気になって仕方なかったん
          だ。だから、デス、君が僕の中にいるようになったのは、かなり前からなんだ。君と逢うより早
          かったと思う。そして君と逢って・・・決定的な気持ちになったんだよ」
デス「(驚いた様子で)そんなに・・・早かったのか・・・」
ハイエロファント「でも、僕がもっと早く気持ちを伝えていれば・・・君に負担を掛けなかったかも知れない」
デス「負担?」
ハイエロファント「・・・僕に話をするかどうかで、ずっと悩んでたんだよ、ね?」

 数回、瞬きをするデス。
 それから、ゆっくりと大きく確実に、首を左右に振る。

デス「負担なんて、思ってない。それどころか、知られまいとしていたくらいだからな」
ハイエロファント「デス・・・」
デス「負担を掛けた、なんて言うな。あたしが好きでお前を想い続けてたんだ、ハイエロファント。お前を想って
   いる時間は、至福だった。(凛とした声で)今は、こうしてお前といられる時間が、至福以外の何物でも
   ない

 直後。
 目を見開き、これ以上ないほどの感激を表情に出すハイエロファント。
 暫く、停止。
 更に、間。
 ハイエロファントの左腕が、急にデスの背中に回る。
 彼女の左肩を掌で掴み、ぐぃっ、と強く自分の方に引き寄せる。
 思い切りデスを抱き寄せるハイエロファント。
 ハッ、とした顔を彼に向けるデス。至近距離に、彼の顔。
 ハイエロファント、瞼を固く閉じ、嬉しそうな笑みを満面に湛えている。
 
ハイエロファント「・・・本当にありがとう・・・僕を好きになってくれて・・・」

 デスの瞳が、艶やかさで輝く。
 そして目を細め、そっ、とハイエロファントの首元に頭を委ねる。
 それを感じ取り、更に、ぐっ、と肩を抱く腕に力を入れるハイエロファント。
 互いの温もりを噛み締めている、ふたり。
 暫くの、間。

ハイエロファント「デス、聞きたいことがあるんだ」
デス「(視線を向けて)何だ?」

 すぅ、と息を吸い、ゆっくりと目を開けてデスを見詰めるハイエロファント。

ハイエロファント「君が良ければ・・・ここで、一緒に暮らさない?」

 緩やかに、デスが両眼を開き、口元を少し引き締める。
 目線を外し、何度か泳がせる。
 それから、ハイエロファントの膝頭辺りに視界を落とし、切なげな表情を表す。

デス「(やや重い声で)それは・・・お前に迷惑が掛かるぞ。誰も神殿に寄り付かなくなる。死神がいる、って知っ
   て、喜んで来る奴などいない。お前の本来の役目は、ここに来る連中の救けになることだろ? あたしがい
   れば、それは本末転倒になる・・・死神の存在が与えるものは救けじゃない。(ギッ、と奥歯を噛み)ただの
   恐怖だ」
ハイエロファント「(首を大きく振り)そんなことはないよ。君は死神の役目に忠実に、多くの命を送ってきた。そ
          れは、この現世で苦しみ続けることから解放して、来世への橋渡しをすること・・・君がいなかっ
          たら、それは叶わない。転生することも出来ず、魂は無限の闇を彷徨っていると思う。でもね、
          デス、君が頑張ってくれているお陰で、命はちゃんと終わりを迎えられて、来るべき次の生に
          旅立てるんだ。君が、導いてくれているんだ。これは『救い』そのものだよ

 思わず、ハイエロファントを見詰め返すデス。
 真摯で揺るぎない眼差しをデスに注ぐハイエロファント。

ハイエロファント「そのままでは迷い続ける数多の魂を救ってきた・・・(張りのある声で)それが、デス、君なん
         だ

 途端。
 両目を驚嘆したように見開き、大きく呼吸をするデス。
 そして段々と、非常に長く、ゆっくりと息を吐く。
 同時に緩やかに、この上なく嬉しそうな、明るい笑みを浮かべ始める。
 躊躇うことなく、ハイエロファントの背中に右腕を伸ばすデス。
 そのまま彼の腰に掌を当て、ギュッ、と掴む。
 デスの笑顔を目の当たりにして、優しく柔らかい微笑みを彼女に向けるハイエロファント。

ハイエロファント「(穏やかな声で)君は、何も気にしなくていいんだ。不安があるなら、僕が必ず取り除くよ。心
          配しないでほしい。だから・・・(囁くように)一緒に暮らす話・・・考えてもらって、いいかな?」
デス「・・・判った、考えておく。だが・・・どうしても一緒に住めない、となったら、その時は・・・(小首を傾げ)どう
   する?」
ハイエロファント「それでも、こうして逢ってくれれば・・・僕と同じ時間をいっぱい過ごしてくれれば・・・」
デス「(微笑みを湛え)そうだな・・・その時は・・・今以上に、逢いに来るから・・・今以上に、同じ時間を過ごして
   くれ・・・」

 大きく頷くハイエロファント。満面の笑顔。
 直後。
 ハイエロファント、右手をデスの腰に回し、両手でしっかりと抱く。
 デス、両手をハイエロファントの両肩にしっかりと乗せる。
 互いに密着するように、正面で向き合って身体を寄せる。

ハイエロファント「君と、ずっと一緒にいたい・・・それが、僕の望みだよ」
デス「ああ・・・それは・・・(目を細め)あたしと同じ望みだ

 顔を近付けていく、ふたり。
 瞼を閉じ合い、流れる動作で唇を重ね合う。
 デスの腰を、ぐいっ、と一際抱き寄せるハイエロファント。
 ハイエロファントの両肩に置いた掌に、ぐっ、と力を込めるデス。
 更に深く重なり合う、ふたりの唇。
 寝室の高窓に差し込んでいる陽が、一瞬虹色に煌く。
 直線の光が、静かに柔らかく変わっていき、夕焼けの彩りを部屋に注ぎ込み始める。



【 主よ、人の望みの喜びよ : 了 】